ホームページ制作の流れ

ホームページ制作の目的は?

はじめに目的を明確化し、優先順位を決めて、部門間・スタッフ間での意思統一を。

 制作にあたっては、まず始めに「目的の明確化」が必要。営業支援・販売促進・知名度アップ・イメージアップ・ブランディング・集客・情報公開・リクルート・BtoB(企業間取引)など、ホームページは、様々な閲覧者に対して、多様なアプローチができますが、目的の優先順位をしっかり決めて「何を一番伝えたいか?」「どこに着地したいのか?」を明確にし、自社の各部門や制作スタッフ間での意思統一をはかっておく事が大切です。

コ・アは、丁寧なヒアリングとコンサルティングによって「目的の明確化」のお手伝いをいたします。

ホームページの制作体制

 営業マンと制作スタッフが クライアントを訪問・取材し、制作作業を進行します。 内容によっては、web デザイナー1人ですべての作業を行える場合もありますが、必要に応じて、イラストレーター・編集ライター・カメラマン・SE(システムエンジニア)が参画し、最適なスタッフ構成でホームページ制作に臨みます。

ホームページ制作の流れ

 コミュニケーションズ・コ・アのホームページ制作の標準的なプロセスをご紹介します。

ヒアリング 最初に、ホームページを作る目的、どんな対象に見せたいか、何をアピールしたいか等をヒアリングします。
1次取材 会社の概要・歴史・社風・理念、事業の概要、商品・サービスの特長・内容、 競合企業や競合商品について、お客様(ユーザー)の層や特性、宣伝・広告計画等を取材します。
サイト構成/デザインプラン提案/見積書提出 ご要望に沿ってコンセプトを固め、サイト構成案(ページ構成)、デザイン案をご提案します。(見積書添付)
提案内容の検討・調整 予算・スケジュール・デザイン案等をご検討いただきます。
(ご要望に応じて調整を行います。)
サイト構成・デザイン・予算・スケジュールの決定 サイト構成(ページ構成)、デザイン案、予算、スケジュール決定したら本格作業スタート!
2次取材 記事内容の取材、記事ページ用の原稿・資料集め、必要に応じて写真撮影等を行います。
コンテンツ作成 取材に基づいて、文章作成、写真の選定・加工、イラストや地図等の画像作成を行います。
ページ作成(HTML&CSS コーディング) 各ページのデータ作成(ブラウザに表示するためのコーディング作業)を行います。(随時、内容をチェック)
システム開発(プログラミング) お問い合わせフォームや記事更新管理システム等のサーバプログラムを作成します。
校正・表示検証・動作検証 文章・画像等の内容チェック、各種ブラウザ(Internet Explorerの各バージョン、Google Crome、Firefox、Safari等)、各種端末(PC、タブレット、スマートホン等)での表示チェック、プログラムの動作チェックを行います。
ホームページ公開へ ホームページを公開し、Googleの検索対象サイト登録を行います。また、公開後は、必要に応じて更新作業やSEO対策を行います。

自社ドメインとレンタルサーバについて

自社ドメインとは?

 企業HP を立ち上げる際は、独自ドメイン名を取得するのが一般的。ドメインは、インターネット上の「住所」にあたり、「企業HPの看板」的役割を果たします。同じものは世界に1つだけのため、既に登録済みの場合は取得できません。

 ドメインはドメイン管理会社(お名前.com 等)への申し込みか、レンタルサーバ会社の取得代行サービスで取得できます。契約は1年単位で、毎年契約更新が必要。(長期契約もあり)費用はドメインの種類や取得方法によって異なりますが、年間で数千円です。 取得の手順など、詳しくは、コ・アにご相談ください。

レンタルサーバについて

 ホームページを公開するには、webサーバにデータを設置する必要があります。自社サーバを立ち上げるには、設備、保守管理で大きなコストがかかるため、レンタルサーバ会社のホスティングサービス(分割借り)を利用するのが一般的です。

 サーバ会社は多数あり、容量や機能によって、様々なプランが用意されています。一般的な企業サイトであれば、月額1,000 円~2,000 円程度のプランでも十分です。膨大なページ数が必要な大企業のサイト、大規模ショッピングサイト、多くの会員を集める会員制サービスサイト、ポータルサイト等の場合は、専用サーバが必要となる場合があり、相応のコストがかかります。

 サーバのプラン選定に際しては専門知識が必要ですので、新たに契約が必要な場合は、コ・アにご相談ください。

3年後、5年後、10 年後を見据えて、次のステップへ。

ホームページは、定期的なメンテナンスと仕様・機能・デザインの見直しが必要です。

 「家は3回建てて、初めて満足できる家を建てることができる」と、言われています。ホームページも同じで、最初は完成・公開となった喜びと達成感で満足してしまいますが、長く使ううちに、あちこち不備や不足が見えてきて、家具(記事)の入れ替え、配置替え、各所の補修(バグ修正)、リフォーム(デザイン変更)や増改築(カテゴリ追加・ページ追加)が必要となります。

 また、webの変化は非常にスピーディなため、3年~5年位経つとホームページの仕様・機能・デザイン等が古くなってきます。PCの画面サイズ、ブラウザの種類・バージョン、タブレットやスマートフォン等の新端末の登場など、見る側の環境変化も大きいため、定期的にメンテナンスをはかり、時期を見定めて全面リニューアルもご検討ください。

ホームページをリニューアルしたい企業様へ。「ココニアイデア!」コ・アにご相談ください。